工場紹介 本社・小倉工場

世界の環境首都をめざす都市 北九州市

小倉工場のある北九州市は福岡県の北東に位置し、交通の要衝であるとともに、重化学工業で栄えた都市でもあります。近年は、経済成長に伴うさまざまな環境汚染を克服してきた技術と経験を生かして、環境国際協力や循環型社会づくりを進めるとともに、「世界の環境首都」を目指したまちづくりを行っています。

小倉工場の概要

1967年にTOTO鰍フ小倉第二工場として建設されました。

現在は、TOTOアクアテクノの本社工場として水栓金具や電気温水器、手すりなどを生産しています。

所在地の朽網(くさみ)は、環境未来都市北九州市の東端に位置し、沖合には北九州空港がある等、各地からのアクセスも良好です。

2017年秋には、TOTOグループの最新の技術とノウハウを結集した環境に優しい新工場が本格稼動します。長年培ったものづくりの伝統を受け継ぎ発展させながら、世界のお客様に喜んでいただける商品をこれからも生み続けます。

所在地 福岡県北九州市小倉南区朽網東5−1−1
従業員数 1,500名(協力企業含む)
敷地面積 166,200m2
稼動開始 1967年(昭和42年)
工場の特徴 水栓金具・機器商品の生産拠点   

(2017年3月末時点)

小倉工場の主な生産品