TOTOアクアテクノ株式会社 採用情報

TOTOアクアテクノ株式会社 採用情報

TOTO Group My Page 2019

社員インタビュー

生産企画部 生産企画課 藤岡 研吾

生産企画部の業務内容・役割について教えてください。

藤岡 研吾

> 私の部門の業務内容は、お客様からどれだけTOTOの水栓のご注文をいただいているか、それを全て数字としてとりまとめ実際に造る部門に渡していくという業務になります。

そのためには、TOTOの水栓を使っている他グループ会社との調整も必要でし、もちろん販売部門との調整も必要です。そういったところと調整をしながら、私たちがどれだけの数の水栓金具を造っていくかということを決めていきます。そしてTOTOアクアテクノの生産を実行する製造部門に対しては、その日に何個のどんな製品を造ればいいか、という具体的な指示を出します。そして最終的に、実際どれぐらい造れたかきちんと確認をし、間違いなくお客様に対して出荷するところまでが私たち部門の役割となります。

その中での藤岡さんの担当業務は

藤岡 研吾

どんな時に「やりがい」を感じますか?

> 私たち生産企画部門の仕事というのは、他の販売部門であったり、製造部門であったり、購買、部品を買う部門であったり、実際に部品を作ってくれるサプライヤーさんであったり、もちろん海外の工場であったり、海外の販売部門であったり、そういったところといつもコミュニケーションをとりながらすすめていかないといけません。

そして、そのいろいろな方々の思いというのが一つになって、上手くかみ合って、回っていった時、たとえば、新商品を発売する時であるとか、何かちょっと問題があったという時に皆で問題を解決しよう、ということができる、そいういったところがすばらしくやりがいを感じています。

問題が発生した場合でも、待っているお客様に対していつでも商品を間違いなくお届けする、というのが私たちの「使命」です。

> 最近TOTOはグローバル水栓ということで、全世界向けて同じデザイン同じ機能の水栓の発売を始めています。

今までは国内だけだったのですが、最近では、海外のお客様に対しても、TOTOの水栓をどれくらい待っているか、ということを全て私たちのほうで集計をし、そのための準備をしています。海外の販売拠点や海外の製造部門と調整をし、いったいどれぐらいの物を造ればいいのか、ということをまとめている仕事をしています。

藤岡さんの1日のスケジュール

購買部 試作品購買課 黄 慶海

購買部の業務内容・役割について教えてください。

黄 慶海

> 私が所属している試作品購買課は、国内・海外のメーカーと価格折衝、納期調整を行う部門になります。

その業務内容は、大きく三つに分かれており、1つ目は、新商品と改良品のコストの妥当性を判断して、試作の立上と納期調整を行うこと、2つ目は、既存購入品のコストリダクションの推進をやること、3つ目は、やはり既存購入品の仕様変更の管理を行うことです。
役割といいますと、まずは、メーカーから提出されましたコストが適切であるかどうか判断し、より安価で品質がいい商品を購入することですね。次は、新商品の開発の日程通り、良い商品を立ち上げるように日程管理を行うこと。
最後に、ほかの部門とメーカーとの窓口になって、TOTOとメーカー、双方の利益になるように調整を行うことになります。
私は入社してから11年間ずっと韓国と中国メーカーの水栓購買業務を担当しておりました。

どんな時にやりがいを感じますか?

黄 慶海

> まず、自分が立ち上げた商品が市場に出た時です。
今、家で使っている洗面台とか浴室のハンドル等も、実際、私が中国と韓国で立ち上げたもので、家族にも「このハンドルは私が立ち上げたものだよ」と誇りをもって、言っています。
あとは、語学力を生かして会社と同僚に役立った時ですね。
翻訳、通訳はもちろんですが、海外メーカーと意思疎通がうまくいかず困った時、現地のスタッフとやりを取りして、問題を解決して、周りからありがとうと言われた時は、本当にうれしいです。

黄さんがいてくれてよかったと言われた時が一番嬉しいですね、一番やりがいを感じます。

女性として、TOTOアクアテクノは働きやすい環境ですか?

黄 慶海

> 女性が働きやすい職場だと思います。いろんな制度も充実していますし、制度が充実しているから休みやすく、子供の面倒も家族の面倒もし易い、ずっと長く仕事ができる職場だと思います。

女性だけではなく、男性の人も一緒。仕事だけではないですから、人生って。家族も大事にしないといけないですから、そういった意味ではほんとに働きやすい職場だと思います。

黄さんの1日のスケジュール

学生の皆さんへのメッセージをお願いします。

黄 慶海

> 「私は文系なので」とか、「理系なので」といって、こういう仕事には向いてないかもという考え方は捨ててほしいです。大学で専門知識を学ぶのはわずか4年です。しかし、会社では必要な知識を何時でも教えてくれるもっともいい場所ですので、今の専門にこだわらず、いろんなことにチャレンジしてほしいです。本人のやる気が一番大事です。